令和元年度 福岡大学筑紫病院 病院指標

 

 病院指標とは、DPCデータを基に厚生労働省が定めた集計条件等に沿って資料を作成するもので、市民の皆さんに情報公開を進めることにより、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。

 現在公表している病院の情報(病院指標)は、令和元年度(平成31年4月1日~令和2年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計の対象として作成しています。ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費、治験の実施、研究費による治療を含む等の条件に当てはまる患者さんのデータは集計対象外となります。また、来院時心肺停止を含む入院後24時間以内に死亡した患者さんのデータも集計対象外です。

 個人情報が特定できないようにするために、指標のなかで症例数が10件未満の数値は「-」と表示しています。

DPCとは

 入院患者さんを病気と治療方法によって分類し、その分類ごとに国が定めた1日当たりの入院費を包括支払いとして計算する制度です。

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

 退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院日の満年齢となります。

 

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 678 222 178 230 452 709 1396 2003 1454 369
 地域医療支援病院であり大学病院である当院は、幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。特に60歳以上の患者さんの占める割合が6割を超え、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
若年層はクローン病などの炎症性腸疾患や、骨折など整形外科的な手術が必要となる患者さんが多くなっています。
また、幼児期の患者さんが多くなっている理由として、小児救急に積極的に取り組んでいること、地域の医療機関から耳鼻いんこう科領域の疾患の手術目的で紹介をいただいていることなどが挙げられます。
 平成25年度以降、年齢階級の分布に大きな変化は見られません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

 DPCでは入院患者さんの情報が病気と治療方法(手術や処置など)によって4,955種類(包括対象外の分類も含む)の診断群に分類されます(平成30年度診療報酬改定における分類数)。診療科ごとに患者数上位5つの診断群分類について集計しています。ただし、包括対象外となるDPC分類は集計に含まれません。指標に示されるそれぞれの項目に関しては以下の通りです。

DPCコード

 診断群分類を表すコードです。病気と治療方法の組み合わせによって分類されますので、同じ病気でも治療方法が違えばDPCコードは異なります。

名称

 どのような病気と治療方法で分類されているかを表します。

平均在院日数(自院)

 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

平均在院日数(全国)

 厚生労働省より公表される令和元年度における全国のDPC対象病院の在院日数の平均値です。

転院率

 該当する患者数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

 

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症などの心臓カテーテル検査 187 3.74 3.01 1.60% 70.55
050050xx02000x 狭心症などの冠動脈形成術(心臓カテーテル治療) 62 6.02 4.40 1.61% 73.01
050130xx99000x 心不全の治療 47 14.83 17.71 38.30% 83.47
050210xx97000x 不整脈のペースメーカー手術 38 13.50 10.80 13.16% 80.89
050050xx99200x 狭心症などの心臓カテーテルおよび冠動脈血流予備能測定検査 25 3.76 3.15 0% 69.13
 循環器内科の最も多い症例は狭心症などに対する心臓カテーテル治療のための入院、および治療前、治療後の心臓カテーテル検査のための入院で、合わせて循環器内科の集計患者数の約4割を占めます。なお、心臓カテーテルによる治療は狭心症だけではなく、心筋梗塞などの症例でも施行されます。
 患者数が次いで多いのは心不全の治療となります。心不全の患者さんの平均年齢は83歳ほどで、後期高齢者の患者さんが多くなっていることが分かります。このような患者さんの4割弱は当院での治療後、転院して継続治療やリハビリをされています。
 ペースメーカー手術は新規の移植術だけでなく、ペースメーカーの電池消耗による電池交換術も含まれます。
内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、副腎腫瘍などの検査、治療 37 11.84 6.24 0% 62.46
100202xxxxxxxx 副腎クリーゼの治療 20 11.20 10.83 5.00% 46.72
100250xx99101x 下垂体機能低下症の検査、治療 18 8.33 8.68 0% 54.70
100070xx99x100 2型糖尿病の血糖コントロール インスリン注射あり 17 13.65 13.72 0% 61.87
100070xx99x000 2型糖尿病の血糖コントロール インスリン注射なし 13 11.69 10.84 0% 63.63
 内分泌・糖尿病内科の入院患者さんで最も多いのが副腎腫瘍(偶発腫を含む)の診断、治療をはじめとする内分泌疾患の検査、治療入院です。脳神経外科、泌尿器科、耳鼻いんこう科と連携して当院において治療を完結させることができるようになっています。
 次に多いのが2型糖尿病の血糖コントロール、合併症精査、教育入院です。チーム医療により、総合的な治療、療養指導が可能になっています。また、外科、眼科などの手術前に血糖コントロール目的で入院することもあります。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺癌の検査 77 4.86 3.34 3.90% 72.20
040110xxxxx0xx 間質性肺炎の治療 52 17.27 18.84 17.31% 74.61
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸症候群の検査 41 2.00 2.03 0% 61.00
040040xx99040x 肺癌の化学療法 35 13.66 9.59 17.14% 71.90
040040xx99090x 肺癌のがん免疫療法 33 12.90 10.20 6.06% 68.89
 呼吸器の癌として最も多いのが肺癌です。呼吸器内科では、診断のための気管支鏡検査を目的とした入院や化学療法(抗がん剤治療)目的の入院などがあります。
 指標には間質性肺炎の治療が挙がっています。しかし、呼吸器内科の肺炎に関する症例で一番多いのは細菌性肺炎で138件あります。その細菌性肺炎が症例数5位内に入っていないのは、細菌性肺炎に関連するDPC分類が168種類に細分化され、症例数が振り分けられているためです。市中肺炎のデータに関しては、「指標4.成人市中肺炎の重症度別患者数等」もご参照ください。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 大腸ポリープの内視鏡的治療 432 3.07 2.63 0.23% 66.66
060340xx03x00x 胆石、胆管炎の治療 214 9.82 9.79 6.54% 73.63
060020xx04x0xx 胃癌の内視鏡的治療 154 8.56 8.27 1.30% 72.75
060180xx99x00x クローン病の検査、治療 手術や生物学的製剤を用いない 50 7.34 8.16 0% 42.88
06007xxx9910xx 膵腫瘍の検査、治療 43 7.23 4.80 6.98% 74.55
 消化器内科の最も多い症例は大腸ポリープの内視鏡的治療になります。ほぼ2泊3日の入院で、下部消化管内視鏡(大腸カメラ)によるポリープ切除治療を受けていただいています。次いで多い症例が胆石や胆管炎といった胆道疾患になります。胆石で胆管が詰まって炎症を起こすなどが典型的な症例で、胆管をチューブで広げる、胆石を除去する、膿瘍を取り除くなどの治療が内視鏡を用いて、もしくは、経皮的に行われます。
 他に消化管の内視鏡的治療の一例として、胃癌に対する治療があります。早期胃癌に対して上部消化管内視鏡(胃カメラ)を用いて治療を行います。内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD)が主な治療方法となっています。
 また、当院は炎症性腸疾患(IBD)センターを設置しており、炎症性腸疾患(IBD:クローン病や潰瘍性大腸炎など)の治療は一つの特徴です。指標にはクローン病が症例数4位として表れています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎の治療 89 6.99 5.73 0% 2.04
0400801199x00x 1歳以上15歳未満の細菌性肺炎の治療 66 6.70 5.69 0% 3.52
040090xxxxxx0x 急性気管支炎の治療 51 6.04 6.19 0% 1.33
080270xxxx1xxx 食物アレルギーの検査 50 1.00 2.15 0% 3.27
150040xxxxx0xx 熱性痙攣の治療 42 5.88 3.81 0% 2.42
 小児科ではウイルス性肺炎や細菌性肺炎、気管支炎といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっています。特に肺炎は患者さんの平均年齢が1歳~3歳ほどであり、小さなお子さんの呼吸器治療の重要性が分かります。
 なお、転院するケースは少なく、退院後はかかりつけの医院にフォローをお願いすることが多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 大腸癌の手術 57 18.64 15.02 5.26% 72.36
060020xx02x00x 胃癌の手術 45 17.29 16.12 4.44% 69.01
040040xx97x0xx 肺癌の手術 40 14.15 11.51 0% 68.92
060160x001xxxx 鼠経ヘルニアの手術 34 8.00 4.85 0% 68.09
060330xx02xxxx 胆のう結石症の手術 30 8.23 6.37 0% 64.59
 外科では消化器腫瘍や呼吸器腫瘍の手術、手術前および手術後の化学療法(抗がん剤治療)、手術後の定期的なフォローなど治療部位や治療内容ごとに多種多様な症例が存在します。指標にはその一部として大腸癌、胃癌、肺癌の手術が挙がっています。
 胆嚢炎、胆石症などの胆道疾患の手術として、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う入院があります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折の手術 96 22.04 25.94 84.38% 82.78
160610xx01xxxx 肩腱板断裂の手術 52 16.94 17.74 94.23% 66.77
160760xx97xxxx 前腕骨折の手術 41 8.24 5.54 4.88% 50.00
160690xx99xx0x 腰椎圧迫骨折の治療 38 13.37 19.40 89.47% 79.19
07040xxx01xxxx 股関節症の手術 32 19.97 21.53 93.75% 69.49
 手術が必要な骨折による入院患者さんが多く、大腿骨骨折や前腕骨折などの病名が挙げられます。大腿骨や前腕、腰椎の骨折の多くは高齢の患者さんですが、前腕の骨折には小児の患者さんも多いため、平均年齢が比較的若くなっています。高齢の患者さんが転倒などで大腿骨を骨折された場合、在院日数が比較的長くなることが多いです。高齢の患者さんの多くが手術後に継続リハビリを目的として、リハビリ治療をより専門とする病院に転院されています。その一方、若い患者さんがスポーツや事故などで腕などを骨折された場合は、手術を行い比較的短期間の入院で自宅に帰られる傾向が見られます。
 また、肩の腱板断裂を手術する目的で入院される患者さんが2番目に多くなっています。肩関節障害の治療は当院整形外科の特徴の一つです。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 脳動脈瘤の検査 124 4.47 3.01 0.81% 60.03
010030xx03x00x 脳動脈瘤の手術 53 10.26 9.24 5.66% 57.51
010060x2990401 脳梗塞の治療 46 16.54 16.13 41.30% 68.35
010050xx02x00x 慢性硬膜下血腫の手術 43 18.70 11.86 30.23% 79.78
010230xx99x00x てんかんの治療 42 5.52 7.10 4.76% 52.59
 脳神経外科では、脳動脈瘤に対する検査および手術のための入院が最も多い症例となっています。脳動脈瘤とは、脳の血管に瘤が出来る病気で、この瘤が破裂するとくも膜下出血を起こしてしまいます。脳動脈瘤が破裂する前に検査、治療を行い、出血を防ぐよう努めています。検査入院では脳血管造影などを用いて、手術前の脳動脈瘤の状態を確認し、治療方針を計画します。当院では脳動脈瘤の治療として、脳血管内手術が多くなっています。手術後一定期間が経ってから、脳動脈瘤の再発がないかなどを確認するために、再度検査入院をすることもあります。
 脳梗塞の病名も指標に挙がっています。高齢の患者さんが多く、当院での急性期治療後に4割ほどの患者さんが転院されています。脳梗塞のデータに関しては、「指標5.脳梗塞の患者数等」もご参照ください。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱癌の経尿道的手術 化学療法を伴わないもの 44 9.82 7.07 4.55% 73.80
110080xx991x0x 前立腺癌の検査 39 2.03 2.49 0% 71.61
11012xxx040x0x 尿路結石の体外衝撃波結石破砕術治療 21 2.62 2.64 4.76% 58.20
11012xxx020x0x 尿路結石の経尿道的尿路結石除去術 14 6.14 5.61 0% 57.85
110060xx99x20x 尿管癌の化学療法 13 7.54 10.84 0% 73.39
 泌尿器科では膀胱癌の経尿道的手術目的の入院が最も多くなっています。DPC分類において、膀胱癌で経尿道的手術を行う分類は、その入院中に化学療法(抗がん剤治療)を行ったかどうかで別のものになっており、化学療法を伴わないものが最も多くなっています。膀胱癌の手術には経尿道的手術の他に開腹手術が施行されることもあります。また、手術後に切除された病変の病理診断結果を勘案して推奨される2度目の経尿道的手術なども行っています。
 次に、前立腺癌の検査入院が挙がっています。針生検による1泊2日の検査入院です。
 続いて多いのが尿路結石(尿管結石や腎結石)の治療を受けられる患者さんです。術式によってDPC分類が分かれていて、衝撃波で結石を砕く体外衝撃波結石破砕術やレーザーなどを用いて結石を破砕する経尿道的結石除去術があります。患者さんの状況に合わせて、術式を決定しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障の手術(片眼) 441 3.61 2.78 0% 76.48
020160xx97xxx0 網膜剥離の手術(片眼) 52 10.27 9.33 0% 59.72
020200xx9710xx 黄斑円孔、網膜前膜の手術 47 7.87 6.71 0% 67.72
020220xx97xxx0 緑内障の手術(片眼) 30 8.97 7.53 0% 74.35
020180xx97x1x0 増殖性糖尿病性網膜症の手術(片眼) 19 9.63 9.90 0% 54.90
 眼科の入院はほとんどが手術目的となります。特に白内障の手術目的の入院が最も多く、眼科の全患者数(集計対象外も含む患者数)の6割以上を占めます。当院の白内障の手術は、5~6日の入院で片眼ずつ行うことが多いです。片目の手術のみであれば、3日程の入院となります。
 当院の特徴として、網膜剥離や増殖性糖尿病網膜症。黄斑円孔など白内障以外の疾患が比較的多いことがあります。近年は白内障手術併施緑内障手術にも注力しています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎、アデノイド増殖症の治療 82 8.63 7.80 0% 16.57
030428xxxxxxxx 突発性難聴の治療 45 10.04 8.93 0% 52.56
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎の治療 41 8.27 6.80 0% 54.14
030240xx99xxxx 習慣性扁桃炎の治療 36 7.39 5.45 0% 46.54
030390xx99xxxx 顔面神経麻痺の治療 31 9.03 9.13 3.23% 53.73
 耳鼻いんこう科で最も多い症例は慢性扁桃炎、アデノイド増殖症で、口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術を行う患者さんになります。この症例の平均年齢は16~17歳ほどとなっており、小児期の患者さんが多くなっています。
 その他、習慣性扁桃炎や慢性副鼻腔炎などの鼻副鼻腔、口腔・咽頭領域の疾患が挙げられています。
 耳鼻いんこう科全症例の平均年齢は44歳ほどとなっており、比較的若い世代に多い疾患を手掛けています。
救急科
救急科は救急医療を専門的に行う診療科として、心肺停止事例や重症中毒事例などに対応します。
救急科の集計対象となる症例数は10件未満であり、数値、各項目は表示しません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

 5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。「初発」とは、当院において、その癌の診断あるいは初回の治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院もしくは他院で初回治療が完了した後に当院にて診療する場合や、治療後に再発、再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。集計は、令和元年度中に退院した延患者数となっています。つまり、集計対象期間中に複数回入院された患者さんは複数例としてカウントしています。

UICC病期分類

 国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。

 

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 204 13 11 15 - 36 1 8
大腸癌 65 29 57 28 - 84 1 8
乳癌 15 - - - - - 1 8
肺癌 50 11 19 31 51 81 1 8
肝癌 10 - 10 - - 57 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院は消化器内科では胃癌、大腸癌、肝癌の患者さんを、呼吸器内科では肺癌の患者さんを主に診療しています。また、外科では5大癌全ての診療を行っています。
 特に胃癌は早期であるⅠ期の患者さんの割合が高くなっています。これは、早期発見、早期治療により、内視鏡的治療といった比較的患者さんへの負担の少ない治療が可能となっていることが表われていると言えます。また、Ⅲ期やⅣ期といった患者さんの数も少なくはなく、手術や化学療法など患者さんの状態に合わせた治療を実施しています。
 大腸癌や肺癌のⅣ期の患者さんのなかには、数週間~1ヶ月ごとに化学療法目的の入院を繰り返す方がいらっしゃいます。今回、延患者数による集計を行ったため、大腸癌や肺癌のⅣ期の割合が比較的高くなっています。
 胃や大腸、肺の各癌の手術治療について、当院では開腹、開胸する手術よりも、腹腔鏡や胸腔鏡を用いた患者さんへの負担が比較的少ない手術の件数が多くなっています。
 肝癌は治療後に再発することが多い病気です。当院の患者さんも肝癌初発治療後の再発として、入院治療される方の割合が高いことが分かります。
 なお、UICC病期分類が不明に分類されている症例については、治療前の検査入院に該当する患者さんが多くなっています。これは、入院中に検査結果が判明しない場合や、遠隔転移の有無の評価を退院後に行う場合などで、当該入院中にUICC病期分類が決定できなかったことが理由です。特に肺癌の検査入院ではその傾向があります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

 成人の市中肺炎の患者さんの人数を重症度別に集計しました。成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システムを用いています。患者さんの①年齢、②脱水、③呼吸、④意識障害、⑤収縮期血圧のそれぞれの状態を因子とし、軽症・中等症・重症・超重症の4段階に分類します。

 この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。また、成人の肺炎の指標なので、小児肺炎も集計対象外となります。

市中肺炎

 病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎(成人市中肺炎診療ガイドラインより)のことです。

平均在院日数

 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

 

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 8.81 55.08
中等症 78 14.06 78.87
重症 33 18.55 88.32
超重症 - - -
不明 - - -
 患者数が最も多いのは中等症です。重症度が上がるごとに治療の日数が長くなる傾向にあります。
 また、軽症の患者さんの平均年齢が60歳未満であるのに比べて、中等症~重症では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。
 同ガイドラインでは軽症は外来治療が推奨される重症度となっており、入院加療の適応ではないことがあります。しかし、軽症の患者さんであっても慢性疾患があったり、癌の既往があったりして重症化を危惧され入院となるケースもあります。
 なお、この指標には表されておりませんが、重症および超重症の患者さんの8割が救急車によって搬送されています。主に呼吸器内科にて、重症肺炎患者さんの救急受け入れを行っています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

 脳梗塞の患者さんを集計しました。

平均在院日数

 病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。

転院率

 該当する患者数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

 

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 198 20.69 73.32 44.44%
その他 23 15.48 74.45 30.43%
 脳梗塞の患者さんの集計なので、ほとんどが脳神経外科に入院された患者さんになります。特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象の約9割を占めます。
 脳梗塞の患者さんの平均年齢は73歳ほどで、高齢者の方が多くなっています。平均して20日間前後の入院期間で治療とリハビリを行い、自宅もしくは施設に帰られるか、4割ほどの患者さんが継続リハビリのために、よりリハビリを専門とする病院に転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

 診療科ごとの主要手術について患者数上位5つを集計しています。手術(処置)のなかで輸血、創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術は集計対象外となっています。指標に示されるそれぞれの項目に関しては以下の通りです。

Kコード

 手術術式の点数表コードです。

名称

 手術術式の名称です。

平均術前日数

 入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。

平均術後日数

 手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。

転院率

 該当する患者数の内、当院から他の病院に移動して継続入院(転院)することとなった患者さんの割合です。

 

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 58 2.84 4.16 1.72% 72.21
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 24 4.50 9.67 12.50% 77.46
K597-2 ペースメーカー交換術 14 3.57 8.43 14.29% 83.51
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 11 0.00 11.27 0% 71.08
K610-3 内シャント設置術 11 8.18 19.55 9.09% 63.42
 循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈形成術や経皮的冠動脈ステント留置術という心臓カテーテル治療の患者数が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。即日入院して緊急で行う場合や検査と同時に行う場合、検査から日数をあけて行う場合、検査後に一旦退院して再入院して行う場合など患者さんの状況に合わせて様々なタイミングで手術が行われます。
 ペースメーカー移植術は、不整脈の治療として行われる手術です。ペースメーカー装置を前胸部に植え込み、リードを右心房や右心室に留置して、不整脈を補正します。ペースメーカーの電池が消耗しているなどの理由で交換が必要なときに行われるのが、ペースメーカー交換術です。
内分泌・糖尿病内科
 内分泌・糖尿病内科の集計対象となる症例数は10件未満であり、数値、各項目は表示しません。
呼吸器内科
 呼吸器内科の集計対象となる症例数は10件未満であり、数値、各項目は表示しません。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 404 1.03 1.02 0% 67.17
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 218 1.77 8.74 12.39% 75.71
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 158 1.21 6.51 1.27% 72.62
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 73 1.21 1.41 1.37% 64.34
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 60 1.00 5.15 1.67% 67.50
 消化器内科では、大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の患者数が最も多くなっています。大腸ポリープ治療目的の2泊3日入院が典型的な症例です。また、この類の手術は腫瘍の部位や大きさによって細分化されています。
 内視鏡的胆道ステント留置術は胆道疾患に対して行われる手術です。これは様々な病態で狭窄した胆道にチューブを通して拡張し、胆汁の流れを良くする手術です。この手術は、胆石症に対する内視鏡的胆道結石除去術などの他の手術の前段階として行われることも多く、術後日数が長くなる傾向にあります。
 早期胃癌に対して、内視鏡で行う治療が内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD)です。消化器内科では消化器癌の早期発見を行い、早期治療の適応を判断するよう努めています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 17 3.00 4.41 0% 1.26
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 11 2.36 2.82 0% 1.94
K653-2 食道・胃内異物除去摘出術(マグネットカテーテルによるもの) - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
 小児科の入院患者さんで手術として集計するものは4種類でした。
 鼓膜切開術は中耳炎に対する手術です。中耳炎の治療が目的で入院する患者さんと、肺炎などの呼吸器症状に中耳炎を合併して発熱する患者さんがいらっしゃいます。小児科に入院中に耳鼻いんこう科の診察を受け、必要があると判断されれば鼓膜切開術を受けていただいています。
 腸重積症整復術は、当院の症例では全て空気整復術でした。腸の一部が、他の腸にもぐりこんでしまう腸重積症に対して、肛門から空気を注入して整復します。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 59 1.92 6.20 0% 63.74
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 55 4.47 13.24 5.45% 71.48
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 31 2.68 13.00 0% 71.27
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 31 2.94 13.97 3.23% 67.07
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 25 1.16 4.96 0% 66.67
 外科では胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多くなっています。急性胆嚢炎に対する治療方針は、東京ガイドライン2018に沿って決めています。胆嚢摘出術は腹腔鏡下で行うことが多く、手術に対する患者さんの負担をできるだけ小さくするように努めています。
 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術は大腸癌に対する手術です。腹腔鏡下で手術を行うことで、開腹手術に比べると患者さんのダメージが少なくなります。
 肺癌に対する胸腔鏡下手術、胃癌に対する腹腔鏡下手術も同様です。外科では、積極的に腹腔鏡、胸腔鏡を用いた手術を行っていることが指標から分かります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 91 4.16 14.29 64.84% 74.44
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 69 1.42 19.22 86.96% 73.28
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術 簡単なもの 49 1.24 14.39 93.88% 67.06
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 37 3.59 11.46 27.03% 58.24
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 32 6.31 17.06 96.88% 82.02
 整形外科では上腕骨、大腿骨の骨折に対する手術や関節を人工関節に置き換える手術が多くなっています。骨接合術や人工関節置換を行うことで早期離床を目指しています。大腿骨転子部・頚部骨折においては、地域の病院との間で円滑な連携を行えるように努めています。
 指標2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)整形外科 で肩腱板断裂の患者さんが多く挙がっていたように、手術件数も肩腱板断裂手術が挙がっています。肩腱板断裂手術に関しては、特に関節鏡視下で行う手術が9割以上を占め、患者さんへの負担が比較的少なく済むように努めています。
 どの手術も術後急性期が過ぎたあとは、転院してリハビリを継続していただくことが多くなっています。そのため、整形外科では転院率が高くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 47 0.55 18.32 36.17% 80.53
K1783 脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの 34 1.64 9.62 14.71% 60.88
K1781 脳血管内手術 1箇所 31 1.19 16.65 22.58% 56.23
K178-4 経皮的脳血栓回収術 25 0.04 25.04 72.00% 77.77
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 18 4.44 8.00 5.56% 74.82
 脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫に対して、頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。高齢の患者さんの割合が高く、入院後緊急での手術となることも少なくありません。手術後の状態が落ち着くと、継続治療およびリハビリのために転院する患者さんが3割ほどいらっしゃいます。
 次いで多いのが脳血管内手術です。大腿の血管から脳まで管を通して病変を治療する方法です。脳動脈瘤に対するコイル塞栓術が主な症例になります。
 脳血管内手術は脳血管内ステントを用いるかどうかで集計が分かれます。脳血管内ステントを用いた脳血管内手術も指標に挙げられます。脳血管内ステントは、動脈瘤頸部の広い脳動脈瘤の治療時に親動脈にステントを留置し、塞栓したコイルが親動脈に落ちるのを防ぐためのものです。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 55 1.47 6.80 3.64% 73.71
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 21 0 1.62 4.76% 58.20
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 1.64 8.07 21.43% 74.74
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 12 1.25 3.83 0% 57.65
K754-2 腹腔鏡下副腎摘出術 - - - - -
 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術は膀胱癌に対する手術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹による腫瘍切除手術に比べて患者さんへの負担が少ない治療方法です。
 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は尿路結石を衝撃波により細かく砕き、体外への排出を容易にするための治療です。入院当日に治療を行い、翌日に退院となる症例が多いです。
 経尿道的尿管ステント留置術は腎臓と膀胱をつなぐ管である尿管が腫瘍、結石など何らかの原因で狭くなったり、塞がってしまったりする状態を改善するための治療です。ただし、原因となっている腫瘍や結石などがこの治療のみで治るわけではありません。原因疾患の治療として上述のような例が挙げられます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 421 1.04 1.38 0% 76.51
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 113 1.43 6.66 0% 65.30
K2682 緑内障手術 流出路再建術 22 1.00 5.45 0% 74.85
K279 硝子体切除術 17 1.35 3.65 0% 78.16
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの 16 1.00 4.50 0% 76.68
 眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が集計対象手術件数の約7割を占めます。大部分の方は入院翌日に手術を受けて頂ける体制を整えています。術後は落ち着きましたら、早期の退院を目指しています。
 次いで挙げられるのが、硝子体茎顕微鏡下離断術です。増殖糖尿病網膜症や網膜剥離、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対する手術です。白内障手術併施の硝子体手術や緑内障手術を積極的に行っております。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 86 1.05 7.51 0% 22.47
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 27 1.00 5.74 0% 55.06
K370 アデノイド切除術 14 1.00 3.29 0% 7.45
K347-5 内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術) 13 1.00 5.69 0% 42.69
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 11 1.00 6.09 0% 58.51
 耳鼻いんこう科の手術で最も多いのは、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術です。扁桃炎にアデノイド増殖症を伴う場合は、アデノイド切除術を同時に行うこともあります。小児期の患者さんに行うことが多い手術です。
 内視鏡下鼻・副鼻腔手術は主に副鼻腔炎に対する手術です。鼻から内視鏡と器具を挿入して、閉鎖した副鼻腔を開放し、鼻腔と交通をつけます。
 どの手術も外来で必要な検査を進め、予定入院とし、入院翌日に手術を行う症例が多いです。
救急科
 救急科の集計対象となる症例数は10件未満であり、数値、各項目は表示しません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

 DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の患者数と発生率を集計しました。

DPC

 14桁あるDPCコードのうち、6桁で集計しています。DPCコード6桁とは病名による分類を表しており、治療方法は分類に関連しません。

DIC(播種性血管内凝固症候群)

 感染症などによっておこる全身性の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。

敗血症

 感染症によっておこる全身性炎症反応の重症な病態です。治療に大きな医療資源が投入されるため、該当するDPCで高額な点数が設定されています。

その他の真菌感染症

 真菌による感染症です。

手術・処置等の合併症

 手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。合併症はどのような術式でもどのような患者さんでも一定の確率で起こり得るもので、医療過誤とは異なります。

入院契機

 DPCコードにて分類される包括請求の対象となる病気(DPC病名)とは別に、入院の契機となった病気(入院契機病名)がそれぞれの入院患者さんにつけられています。DPC病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」かにより分けて集計しています。「同一」ということは、ある病気の診療目的で入院して、その病気の治療を行ったということを表します。一方「異なる」ということは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に発症した違う病気(この指標の場合は、DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症、手術・処置等の合併症)による治療が主だったものになってしまったことを表します。

発生率

 全入院患者さんのうち、該当するDPCで入院費の請求となった患者さんの割合です。

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.13%
180010 敗血症 同一 17 0.20%
異なる 17 0.20%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 0.35%
異なる - -
 DIC(播種性血管内凝固症候群)や敗血症は、DPCで高額な点数が設定されている(入院医療費が高くなる)ため、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な入院医療費請求)を疑われかねないDPC病名とされています。
当院ではDPCを播種性血管内凝固症候群とする際は、臨床的に根拠のある診断を基に投入された医療資源を勘案して、入院医療費請求を行うよう努めています。
播種性血管内凝固症候群および敗血症について、DPC病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名として挙げられるのは、癌、呼吸器疾患、消化器疾患などでした。癌や感染症により入院した後も全身状態が悪化し、播種性血管内凝固や敗血症といった重症な病態になってしまった症例です。

 手術・処置等の合併症については、ほとんどがDPC病名と入院契機病名が同一である症例でした。つまり、手術・処置などの合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者さんが多いということです。
 手術・処置等の合併症にあたる症例としては、胃や大腸の内視鏡的治療後の消化管出血、手術後に手術創や腹腔内に感染が起こってしまう術後感染症、人工関節置換術後の人工関節のゆるみ、予防接種の副反応などがありました。
 手術や処置等は合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2020年09月30日
令和元年度版病院指標を公開しました。