診療科紹介

トップページ > 診療科紹介 > 内視鏡部

内視鏡部

診療部長
八尾 建史

概要

内視鏡とは?:内視鏡とはからだの外からは診断のつかない早期の癌や小さな病変を、患者さんのからだの内側から観察する医療機器です。かつては胃カメラという先端にカメラがついた太い管を口から入れなければなりませんでしたが、科学の進歩により現在では先端に高性能ビデオカメラ(電子の目)を内蔵した細い管を入れ、ハイビジョンテレビモニターで鮮明な画像を得ることができるようになりました。現在私達はこの電子内視鏡を用いて、癌の早期発見だけではなく、以前は外科の先生にお願いし大がかりな手術が必要であった食道・胃・大腸の早い時期の癌を内視鏡で切除するなど、あらゆる分野の内視鏡的治療を行っています。 さらに、近年ではカプセル内視鏡を導入し、原因不明の消化管出血、小腸疾患の診断に役立てています。

特徴・特色

  1. 消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)の内視鏡検査は主に消化器内科医師が担当し、各疾患の診断および治療を行っています。定期的な胃や大腸の検診から、早期癌やポリープの内視鏡による切除、食道・胃静脈瘤の硬化療法などあらゆる消化管の病気に対応しています。また、十二指腸内視鏡を用いた逆行性膵胆管造影検査では膵臓や胆道の癌や結石の診断、結石の内視鏡的摘出などの膵臓や胆嚢胆管の病気に対しても積極的治療を行っています。
  2. 気管支鏡検査は呼吸器内科の専門医が担当し、肺癌や肺炎の診断、治療を行っています。
  3. 当院の内視鏡部は九州でも数少ない日本消化器内視鏡学会認定の内視鏡指導施設です。最新の電子内視鏡や診断・治療のための最新の設備を用意し、消化器内視鏡の専門医、指導医を含む医師と専属の看護婦・検査技師が勤務し、患者さんが安心して検査や治療を受けられるようきめ細かい診療を心掛けています。

【診療時間】 日曜、祝祭日を除く、月曜から金曜の午前9時から午後5時まで、土曜日は9時から12時までとなっています。予約がない場合でも朝絶食で外来を受診されますと、必要のある方は、全員当日に上部消化管(食道・胃・十二指腸)の内視鏡検査を受け説明も受けることができます。

診療担当者

消化器内科医師、呼吸器内科医師を参照してください。

福岡大学筑紫病院
福岡県筑紫野市俗明院1-1-1 TEL:092-921-1011 FAX:092-928-3890
Copyright © Fukuoka University Chikushi Hospital. All Rights Reserved.