診療科紹介

トップページ > 診療科紹介 > 呼吸器内科

呼吸器内科

診療部長
石井 寛
医局長
串間 尚子
病棟医長
木下 義晃
外来医長
石井 寛

概要

呼吸器内科は2010年10月に独立した診療科として発足しました。2020年4月から新たな診療メンバーとなりましたが、これまでどおり呼吸器疾患および関連する疾患・病態に関して、総合的な診断・治療を行ってまいります。当科は日本呼吸器学会、日本アレルギー学会、日本呼吸器内視鏡学会の教育認定施設となっています。

特徴・特色

【診療体制】
外来は月曜から金曜まで初診・再診とも1名ずつで診療にあたっています。病棟では平日毎朝、新規入院患者さんなどの診断・治療方針についてカンファレンスを行い、情報共有や医学教育の場にしています。また週1回多職種によるカンファレンスを行い、診療方針や栄養管理の確認、退院・転院調整を行っています。

【対象疾患】
気管支、肺、胸膜の疾患、呼吸の異常に関して専門的な診療を提供する診療科です。咳や痰がなかなかよくならない、ゼーゼー・ヒューヒューして息苦しい、坂道を登ったりすると息があがる、痰に血が混じる、寝ている時に息がとまっていると言われた、レントゲンで影があると言われたなど、思い当たる方は一度かかりつけ医に相談の上、呼吸器内科の受診をお勧めします。

担当する疾患として、びまん性肺疾患(間質性肺炎、膠原病肺、サルコイドーシスなど)、肺癌(放射線治療以外の治療が可能です)、喘息(難治性喘息などに対する生物学的製剤による治療も可能です)、肺炎をはじめとする呼吸器感染症が挙げられます。多岐にわたりますので学会のホームページをご覧ください。

病歴、身体所見、血液検査データ、胸部X線写真やCTなど画像所見などで診断できない疾患も少なくありません。そのような場合には気管支鏡を用いた病理組織検査(通常2泊3日)を行います。また当院には呼吸器外科の専門医が3名在籍しております。肺癌や気胸に対する手術、外科的肺生検などにも迅速に対応でき、毎週合同カンファレンスをおこなっています。外来での簡易検査で睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、1泊2日の検査入院で睡眠中の呼吸状態等をモニターして診断・重症度分類を行います。

診療担当者

外来担当医表(PDF版

コンテンツ

PCサイトを表示