診療科紹介

トップページ > 診療科紹介 > 外科

外科

診療部長
渡部 雅人
医局長
平野 公一
病棟医長
小島 大望
外来医長
吉田 康浩

概要

福岡大学筑紫病院外科の担当する専門領域は、消化器外科(消化管、肝・胆・膵、脾臓)、呼吸器外科、乳腺外科(甲状腺)と多岐にわたっています。
以下に、外来診察日と診療内容について掲載していますので、ご参照下さい。また、ご相談の件などございましたら、何なりとご連絡下さい。

特徴・特色

【診療内容】
主な疾患は、①消化器腫瘍(食道癌・胃癌・十二指腸乳頭部癌・結腸癌・直腸癌・肝癌・胆道癌・膵癌)、②肺癌・縦隔腫瘍、③炎症性腸疾患、④胆石症、⑤鼠径ヘルニア、⑥緊急手術、⑦乳癌です。
当科では、診断や治療のための各グループはもちろん他診療部門とシームレスな診療連携を行っています。たとえば、消化器癌術後の患者に肺転移が見つかった場合、ただちに呼吸器外科専門医に相談し治療計画を立案します。内科から手術依頼のあった炎症性腸疾患患者に対しては、手術時期を逸することなく手術を行い、術後はスムースに内科的治療に移行できるように消化器内科と綿密な相談を行っています。また、他科からの急患患者の治療依頼があった場合、迅速に対応できるような態勢をとっています。


【診療体制】
手術日は月・水・金曜日で、火・木曜日に外来診察をしています。お急ぎの場合は(手術日でも)外科外来あるいは外科当直で対応します。


【診療実績】

消化器外科疾患
日本消化器外科学会が認定した専門医が6名おり、このスタッフを中心として消化器癌と炎症性腸疾患の外科治療をおもに行っています。治療ガイドラインに沿って内視鏡下手術を行っています。

  • 食道・胃
    新任の渡部教授は食道外科専門医で、日本内視鏡外科学会の技術認定を食道切除術で取得しています。前任地では2008年から2018年まで249例の食道癌手術をすべて胸腔鏡下に行いました。筑紫病院でも腹臥位胸腔鏡下食道切除術を行っています。
    胃癌手術には胃全摘樹・幽門側胃切除術・幽門保存胃切除術・噴門側胃切除術と4種類ありますが、すべての術式を早期癌に対して腹腔鏡下に行っています。前任地では切除も再建も体腔内で行う完全腹腔鏡下手術を2008年より2018年まで1001例行っています。筑紫病院でも完全腹腔鏡下胃切除術を行っています。

  • 結腸・直腸
    結腸癌根治術73例(腹腔鏡18例)、直腸癌根治術38例(腹腔鏡3例)を行いました。
    肝や肺転移を伴う進行癌から、内視鏡的粘膜剥離術後に追加切除が勧められるような早期癌まで治療しています。癌により腸閉塞を伴う症例に対しては、従来は一時的人工肛門を造設し、後日根治術を行う二期的治療が中心でした。現在はイレウスチューブやステントを留置し腸管の減圧を行ったのち、一期的に根治術を行っています。直腸切除術では可能な限り自律神経温存手術や肛門括約筋温存手術を行っています。人工肛門が必要になった症例では皮膚排泄ケア認定看護婦と連携しケアを行っています。切除不能大腸癌や再発大腸癌に対しては分子標的剤と殺細胞性抗がん剤を組み合わせ、化学療法を行っています。外来で安心して抗がん剤治療が受けられるよう、薬剤部・がん化学療法認定看護師と連携し治療を行っています。

  • 肝臓・胆管・膵臓
    日本肝胆膵外科学会高度技能専門医が中心となって、肝臓癌、胆道癌、膵臓癌などの悪性腫瘍及び肝臓や膵臓の良性腫瘍や胆石症、慢性膵炎などの良性疾患の外科的治療を行っています。
    消化器内科と定期的にカンファレンスを行い、診断・治療が円滑に進むようにしています。悪性腫瘍では外科的手術と抗癌剤治療等を組み合わせた集学的治療を行い、膵癌をはじめとしたこの領域の予後不良な癌の治療成績の向上に努めています。
    手術は多臓器にわたる切除や血管合併切除などの高難度なものから腹腔鏡を用いた体に負担が少ない手術まで多岐に渡る手術を行っています。

  • 炎症性腸疾患の外科治療
    炎症性腸疾患とは潰瘍性大腸炎とクローン病のことを指し、現在、原因は不明で厚労省の特定疾患に指定されています。治療の主体は内科的治療ですが、内科的治療に抵抗を示す症例、重症例、癌合併症例は外科手術の適応となります。当科では 1985年の開院以来消化器内科、病理部とともに炎症性腸疾患の治療に積極的に取り組み2018年までに潰瘍性大腸炎288例、クローン病1117例の手術を行っています。また、炎症性腸疾患において重要な外科治療のひとつに肛門病変があります。肛門病変についても856例の症例がありその集積データをもとに治療に当たっています。

  • その他
    その他の外科的治療では、鼠径ヘルニア60例、(腹腔鏡下)胆嚢切除術54例を行いました。


呼吸器外科疾患

  • 肺・縦隔・胸膜
    肺癌は日本人のがんの部位別死亡数では第一位であり、年間7万人以上が新たに肺癌と診断されています。呼吸器外科では早期肺癌に対して胸腔鏡手術を行っており、痛みが少なく、回復が早いため早期の退院が可能となっております。さらに4cmの1つの創で手術を行う単孔式胸腔鏡手術も実施しており、痛みのさらなる軽減につながっております。また進行肺癌に対しても呼吸器内科と協力し集学的治療(抗がん剤、放射線+手術)を行っています。3名体制になり拡大手術も可能となりました。
  • 乳腺
    女性のがんの罹患数第一位は乳癌です。乳癌は手術、放射線、抗がん剤(分子標的薬剤を含む)を組み合わせた集学的治療が大切です。特に再発乳癌は薬物治療が中心となり副作用の軽減など専門的な治療が求められます。これまで筑紫病院では専門医が在籍していませんでしたが、2019年4月より1名の専門医が赴任しセンター化することにより専門的な乳癌治療が可能となりました。多職種の協力による高度な医療の提供を目指しています。

【今後の課題と展望】
各診療科・各センターおよび各部門と連携し、患者さんのニーズにあった治療が提供できるよう、患者さんの負担が少しでも軽減できるよう努力していきます。初診から治療開始までの期間を短縮するようにしています。地域医療支援病院の外科として高機能かつ高次医療を積極的に提供していきます。


診療担当者

※2019年7月1日現在

外来担当医表
外科 手術日
(予約・再診のみ)
(上)渡部
(I)二見
(呼)吉田
(消)平野公
(I)平野由
(消)上床
(消)甲斐田1.3.5
(消)竹下
手術日
(予約・再診のみ)
(上)渡部
(呼・乳)山下
(I)東
(肝)宮坂
(下)小島
(上)柴田
(呼)永田
(消)甲斐田2.4
(消)棟近
(I)二見
(消)平野公
緩和ケア外来
13:30~15:00
予約制*
箱田        

※(呼):呼吸器外科、(呼・乳):呼吸器・乳腺外科
 (I):IBD、(肝):肝・胆・膵、(上):食道・胃
 (下):小腸・大腸、(消):消化器・一般

* 当院に通院中の患者さんが対象です。

外来担当医表(PDF版

名前 専門分野のキーワード
渡部 雅人(わたなべ まさと) 平成3年 九州大卒 教授 日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(食道)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本食道外科学会食道科認定医
日本食道外科学会食道外科専門医
緩和ケア研修・修了医
二見 喜太郎(ふたみ きたろう) 昭和53年 福岡大卒 准教授
(診療教授)
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会ストーマ認定士
緩和ケア研修・修了医
山下 眞一(やました しんいち) 昭和61年 熊本大卒 准教授 日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
日本乳癌学会乳腺専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医・消化器がん治療認定医
日本胸部外科学会認定医
日本がん治療認定医機構暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本食道学会認定医
マンモグラフィ検診制度管理委員会認定医
緩和ケア研修・修了医
東 大二郎(ひがし だいじろう) 平成4年 福岡大卒 講師 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科認定医・専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本病態栄養学会専門医・NSTコーディネーター・指導医
緩和ケア研修・修了医
吉田 康浩(よしだ やすひろ) 平成13年 福岡大卒 講師 日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
日本呼吸器学会専門医
緩和ケア研修・修了医
平野 公一(ひらの きみかず) 平成10年 福岡大卒 助教 日本外科学会専門医
緩和ケア研修・修了医
宮坂 義浩(みやさか よしひろ) 平成11年 九州大卒 助教 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医(膵臓)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
緩和ケア研修・修了医
柴田 亮輔(しばた りょうすけ) 平成11年 福岡大卒 助教 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
緩和ケア研修・修了医
平野 由紀子(ひらの ゆきこ) 平成12年 福岡大卒 助教 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
日本大腸肛門病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
緩和ケア研修・修了医
小島 大望(こじま だいぼう) 平成15年 福岡大卒 助教 日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
内視鏡外科学会技術認定医(大腸)
身体障害者福祉法第15条指定医
緩和ケア研修・修了医
永田 旭(ながた あさひ) 平成21年 福岡大卒 助教 日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
緩和ケア研修・修了医
上床 崇吾(うわとこ しゅうご) 平成21年 福岡大卒 助手 日本外科学会専門医
緩和ケア研修・修了医
甲斐田 大貴(かいだ ひろき) 平成23年 福岡大卒 助手 日本外科学会専門医
緩和ケア研修・修了医
棟近 太郎(むねちか たろう) 平成24年 大分大卒 助手 日本外科学会専門医
緩和ケア研修・修了医
竹下 一生(たけした いっせい) 平成26年 金沢大卒 助手 日本医師会認定産業医
緩和ケア研修・修了医
箱田 浩介(はこだ こうすけ) 平成24年 長崎大卒 助教 緩和ケア外来担当
精神保健指定医
緩和ケア研修・修了医
福岡大学筑紫病院
福岡県筑紫野市俗明院1-1-1 TEL:092-921-1011 FAX:092-928-3890
Copyright © Fukuoka University Chikushi Hospital. All Rights Reserved.