診療科紹介

トップページ > 診療科紹介 > 臨床工学センター

臨床工学センター

臨床工学センター長
    澤津橋 基広
主任臨床工学技士
    瀬戸嶋 敬太

紹介

臨床工学センターでは、院内全般のME機器の適正な管理と安全な運用を目的としています。技士8名で日勤業務を行い、夜間・休日のONCALL体制を敷いており、緊急業務に対応できる体制をとっています。また、生命維持管理装置などの医療機器を扱うスペシャリスト(専任技士)として、医療機器講習会の開催、専門技術の提供と信頼性の高い機器運用、安全で質の高い医療環境の構築を進め『あたたかい医療』を安全に提供できるよう努力しています。

業務内容

内視鏡、血液浄化、循環器診療支援、手術室医療機器支援、中央機器管理を中心に業務を行っています。また医師・看護師・その他コメディカルに対して、医療機器の講習会を行っています。


(内視鏡部業務)
検査に使用する電子スコープ準備・点検・洗浄、処置具等の補充点検を行います。また、検査・治療時は医師の介助にあたります。

(血液浄化業務)
血液透析、持続緩徐式血液濾過療法、各種アフェレーシスの他に、当院は炎症性腸疾患の治療実績が多く、血球成分吸着除去療法も積極的に行っています。

(循環器診療支援業務)
経皮的血管形成術での血管内超音波操作・冠血流予備量比測定操作、補助循環装置等の準備、操作、監視など診療支援を行っています。

(手術室医療機器支援)
医療機器の操作や種々のトラブルに対応し、手術時間の遅延を防ぎ、円滑な手術となるよう努めています。

(中央機器管理業務)
医療機器の購入から廃棄までを管理する事により、機器の統一化を図っています。また保守点検、修理、貸出・返却業務を行い、安全かつ効率的な運用に努めています。


臨床工学センター業務実績

項目 業務内容 2016年度 2017年度 2018年度
血液浄化業務 血液透析 268 333 448
持続緩徐式血液濾過 171 185 183
ビリルビン吸着 0 2 0
血漿交換療法 0 0 3
二重濾過血漿交換 0 0 0
活性炭吸着 0 0 0
エンドトキシン吸着 19 22 19
腹水濾過濃縮再静注法 27 16 17
血球成分除去療法 414 378 309
循環器診療支援業務 大動脈内バルーン
パンピング操作
9 7 5
血管内超音波検査操作 107 135 157
冠血流予備量比測定操作 18 19 49
補助循環PCPS 1 3 0
手術室医療機器支援業務 手術室ラウンド/立会い/点検 4237 5538 5527
内視鏡部診療支援業務 上部・下部ルーチン/
上部・下部処置及び治療
8432 8610 8469
CE(カプセル内視鏡) 64 48 24
RFA支援業務 RFA操作 13 21 17
中央機器管理 中央機器管理貸出数 7743 7621 8002
シリンジポンプ稼働率(%) 63.1 66.4 60.6
輸液ポンプ稼働率(%) 82.7 84.2 83.4
経腸栄養輸液ポンプ稼働率(%) - - 19.3
医薬品注入器稼働率(%) - 34.9 30.0
生体情報モニター稼働率(%) - 61.9 51.8
低圧持続吸引器稼働率(%) 41.4 43.0 51.6
ポータブル吸入器稼働率(%) - 0.7 9.7
フットポンプ稼働率(%) - 66.5 66.5
医療機器保守点検 日常・定期点検業務 12900 12463 13990
福岡大学筑紫病院
福岡県筑紫野市俗明院1-1-1 TEL:092-921-1011 FAX:092-928-3890
Copyright © Fukuoka University Chikushi Hospital. All Rights Reserved.