診療科紹介

トップページ > 診療科紹介 > 医療安全管理部

医療安全管理部

医療安全
管理部長
浦田 秀則
医療安全
管理者
西田 美恵(専従者)
感染管理認定
看護師
坂田 美穂(専従者)

紹介

医療安全管理部は、「福岡大学筑紫病院安全管理指針」に基づき、医療事故を防止し、安全で質の高い医療を提供できるように、安全管理体制を確立する部門です。医療の安全に必要な職員教育の実施、安全対策の推進、患者さんの相談に関する業務を行っています。平成17年4月より、医療事故防止及び対応体制が実質的に機能するために、次のような実務を担当しています。

【主な活動内容】

  • 医療安全に関する職員の教育・研修
    医療安全の基本的な考え方や具体的対策について職員に周知を行い、安全に対する意識の向上を図るとともに、安全な業務の遂行につながる研修を企画・実施する。
  • 事故防止対策の推進
    医療事故(アクシデント)、ヒヤリ・ハット事例(インシデント)を分析・評価し、結果を各部署にフィードバックすることにより事故防止を図る。
  • 院内事故への支援
    発生状況を確認し、患者さん・職員への対応を支援・指導する。
    記録類[診療録・看護記録など]の確認および指導を実施する。
    事故の原因を究明するとともに改善策の検討を行い、再発防止を図る。
  • 医療安全対策地域連携
    地域の医療機関と連携を組み、医療機関が相互に医療安全対策について検証と評価を行ない、情報の共有を図る。

また感染対策として次のような業務も行っています。

【感染制御チーム(ICT)】

    院内における病原体の感染を積極的に防止し、患者さんと職員の安全と健康を守るため、医師・薬剤師・臨床検査技師・看護師・事務職員といった複数の関連職種のメンバーで感染制御チーム(ICT)を編成し、連携して組織横断的な活動を実践しています。

【主な活動内容】

  • 感染対策に関する教育・研修
    標準予防策を中心に教育・啓蒙活動を実施
  • 病院職員の健康管理
    事務部門と協力し、職員の健康管理について、指導・助言を実施
    流行性ウイルス疾患(麻疹・風疹・水痘・ムンプス)の抗体検査、IGRA検査(結核検査)、ワクチン接種の推進
  • 感染対策の相談
    院内感染対策に関する情報提供の実施
  • 感染発生の動向監視と指導
    各種耐性菌の検出状況や医療関連感染の状況把握、及び感染対策の指導
  • 感染対策マニュアルの整備
    エビデンスに基づいた感染対策マニュアルの作成と改訂
  • 抗菌薬の適正使用
    特定抗菌薬の届出制による適正使用への介入

【地域連携感染対策ネットワーク】

    平成24年度より地域の医療機関と連携を組み、自施設や地域全体の感染対策の充実と向上に努めています。
    感染防止対策地域連携として、外部から第三者の視点で指摘や評価を受けることにより、現状を客観的に把握し、自施設の感染対策を強化するために活動しています。
福岡大学筑紫病院
福岡県筑紫野市俗明院1-1-1 TEL:092-921-1011 FAX:092-928-3890
Copyright © Fukuoka University Chikushi Hospital. All Rights Reserved.