診療科紹介

トップページ > 診療科紹介 > 循環器内科

循環器内科

診療部長
河村 彰
医局長
池 周而
病棟医長
矢野 雅也
副病棟医長
髙宮 陽介
外来医長
髙宮 陽介

概要

循環器内科は、大きく心臓血管系の疾患の診断と治療を専門として行います。具体的な症状では、胸痛、動悸、呼吸困難、浮腫、歩行時の下肢の疼痛やしびれ等が挙げられ、疾患でいうと①心臓を栄養する冠動脈に関する心筋梗塞、狭心症 ②心臓の筋肉に関する心筋症や心筋炎 ③心臓の弁に関する心臓弁膜症 ④大動脈や末梢動脈、静脈に関する閉塞性動脈硬化症や解離性大動脈瘤、大動脈炎、肺塞栓、深部静脈血栓症 ⑤心拍の異常である不整脈 ⑥生活習慣病の一部である高血圧や脂質異常症 そして①-⑥のいずれもが原因となり、心臓機能の低下の結果である心不全など、急性期の疾患も慢性期の疾患も含みます。これらの幅広い疾患に対して我々は365日24時間体制で循環器救急に対応しております。また予防医療として慢性的な生活習慣病の改善、加療を通じて動脈硬化性疾患の予防、運動療法や心臓リハビリテーションによる心不全予防も併せて行っています。
我々、福岡大学筑紫病院循環器科は心臓カテーテル検査・治療、不整脈治療、ペースメーカー手術、心不全治療や心臓リハビリをはじめとして、各々が専門領域を持ちながらチームとして機能し、幅広い循環器領域の疾患に対する医療を実践する事で、地域の方々のニーズに最大限応えられる様に努めてまいります。

特徴・特色

【虚血部門】

  • 急性期循環器疾患、特に急性心筋梗塞や不安定狭心症に関して、いつでも緊急カテーテル治療が可能な様に365日オンコール体制で対応しています。
  • 今まで不可能であった高度石灰化病変を伴う狭心症に対してのカテーテル治療もロータブレーター™により、治療可能となりました(2020年8月より)。
  • 下肢の動脈など末梢血管疾患に対するカテーテル治療(EVT)を行っています。歩くと足が痛くなったり、重たくなったりする症状(間欠性跛行)は、下肢動脈の狭窄、閉塞が原因である事もあり、その場合は症状緩和のためにEVTによる治療が有効です。
  • トレッドミル運動負荷心電図や心臓CT等にて外来での心血管スクリーニングを行い、心筋虚血、冠動脈の状態や狭窄度の評価を行います。

【不整脈・デバイス部門】

  • 12誘導心電図検査や24時間ホルター心電図検査の結果をもとに、抗不整脈薬を含めた内服調整を行います。原因不明の失神等に対しては植込型心電図記録計の植え込みも行います。
  • 洞不全症候群や房室ブロック等のめまいやふらつき、失神の原因となるような徐脈性不整脈に対して永久ペースメーカー植え込み術を行います。
  • 発作性上室頻拍や心房粗動に対するカテーテルアブレーション治療を行っています。心房細動など、現在当院にてアブレーション治療を行っていない疾患については福岡大学病院を含めた近隣の医療機関と連携して円滑な治療を行えるようにしています。

【心不全部門】

  • 心不全に至った原因に応じて適切な方針を立て、加療を行います。
  • 心不全加療に関して入院中はもちろん、退院後も外来にて心不全の再発、再入院予防としての心臓リハビリテーションを行う事が可能です。
  • 多職種及び施設間の連携をより積極的に行い、地域全体での心不全の再増悪、再入院予防を目指します。

当院では現在、心臓血管外科は有していませんが、手術が必要な場合は病院連携を通じ、福岡大学病院 心臓血管外科 他を紹介させて頂いております。

施設認定

  • 日本循環器学会循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会研修施設

当科で行える主な検査

  • 心電図
  • 運動負荷心電図
  • 24時間ホルター心電図
  • 心エコー検査(経胸壁・経食道)
  • 血圧脈波検査
  • 心臓核医学検査(心筋シンチグラム)
  • 心臓CT
  • 心臓MRI
  • 心臓カテーテル検査・治療
  • 心臓電気生理学検査

診療担当者

※2022年6月21日現在

外来担当医表
午 前
髙宮
(腎)衛藤
矢野
河村

矢野
髙宮
奥田
山下
河村
松尾

浦田
髙宮
(腎)衛藤
矢野
急患当番
(8:30~17:30)
清水 奥田 岡本
(8:30~13:00)
奥田
(13:00~17:30)
奥田 山下
午 後
(ペースメーカー外来)
      *当番医3 **当番医3

※(腎):腎臓内科

※数字は第○週の意

* 奥田、清水、岡本

** 山下、清水


外来担当医表(PDF版


名前 専門分野のキーワード
河村 彰(かわむら あきら) 平成6年 福岡大卒 教授 日本内科学会認定医・指導医
日本循環器学会認定専門医
日本循環器学会九州支部 役員・評議員
厚生労働省臨床研修指導医
JMECC(内科救急)インストラクター
日本救急医学会ICLSインストラクター
共用試験医学系OSCE評価者、外部評価者(胸部および医療面接)
身体障害者福祉法第15条指定医師
虚血性心臓病、心臓救急、カテーテルインターベンション、心不全、動脈硬化、医学教育
浦田 秀則(うらた ひでのり) 昭和55年 福岡大卒 教授 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定専門医
日本高血圧学会認定専門医
評議員(高血圧学会、臨床生理学会、心血管内分泌代謝学会)
高血圧学会特別正会員
Fellow of American Heart Association
高血圧症、生活習慣病、運動療法、臨床研究
松尾 邦浩(まつお くにひろ) 昭和60年 福岡大卒 准教授
(診療教授)
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本循環器学会専門医
日本不整脈学会認定専門医
日本集中治療学会専門医
日本救急医学会専門医
救急医療、虚血性心疾患、不整脈
池 周而(いけ あまね) 平成13年 福岡大卒 准教授 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)認定医・専門医
日本心臓病学会FJCC
臨床研修指導医
虚血性心疾患、心臓救急、カテーテルインターベンション、心不全
髙宮 陽介(たかみや ようすけ) 平成15年 福岡大卒 講師 日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
虚血性心疾患、心不全、心臓血管カテーテル治療
衛藤 聡(えとう さとし) 平成10年 福岡大卒 講師 日本内科学会認定医
日本脈管学会専門医
日本血管外科学会認定血管内治療医
日本透析医学会専門医・指導医
日本アフェレシス学会認定血漿交換療法専門医
身体障害者福祉法指定医(腎臓)
閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症、慢性腎臓病、血液浄化、バスキュラーアクセス
矢野 雅也(やの まさや) 平成21年 福岡大卒 助教 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベーション治療学会認定医
虚血性心疾患、心不全、心臓救急、心臓血管カテーテル治療
奥田 哲(おくだ てつ) 平成21年 福岡大卒 助教 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
虚血性心臓病、救急医療、心不全、動脈硬化、生活習慣病、冠動脈CT、老年医学
山下 素樹(やました もとき) 平成26年 福岡大卒 助教 日本内科学会認定医
虚血性心疾患、心不全、閉塞性動脈硬化症、心臓血管カテーテル治療
清水 さや華(しみず さやか) 平成24年 福岡大卒 助手 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
循環器一般
不整脈デバイス治療、高血圧症、心不全
岡本 愛祈(おかもと あき) 平成28年 福岡大卒 助手 循環器一般
瀬戸山 佳奈子(せとやま かなこ) 平成29年 鹿児島大卒 助手 循環器一般
岡村 圭祐(おかむら けいすけ) 平成13年 福岡大卒 福岡大学
客員准教授
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本循環器学会認定専門医
日本高血圧学会認定専門医・指導医・評議員
日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医
日本旅行医学会認定医
心臓血管カテーテル治療、心臓救急、ICU管理、難治性高血圧症(原発性アルドステロン症、腎血管性高血圧症、腎交感神経デナベーション治療)
福岡大学筑紫病院
福岡県筑紫野市俗明院1-1-1 TEL:092-921-1011 FAX:092-928-3890
Copyright © Fukuoka University Chikushi Hospital. All Rights Reserved.